Aid Center Osaka | お問合せ | 個人情報保護方針 | お客様の個人情報の取扱いについて | サイトマップ
エイドセンター大阪とは ショップ案内 5階について
トップに戻る
生活支援雑貨
コンフォートシューズ
ストーマ用装具
Top > エイドセンター大阪とは
エイドセンター大阪とは
いつまでも自分らしく、いきいきと暮らしたいそんな思いを私たちは応援します。
生活支援雑貨ACO LIVELY
店内は「お客様の快適な生活をご提案するために」スタッフがセレクト(⇒「厳選」)した「こだわり」の雑貨を取り揃えております。目で見て、触れて、楽しみながら「自分らしさ」「安楽で心地良い生活づくり」のヒントを見つけてください。
近年、介護保険制度が始まり、医療制度改革が行われるなど、今後の社会保障制度が大きく変わろうとしています。つまり、病気や事故が起こったとき、又は高齢になったときの保障が不安定になっていくと言えます。結果、今後は欧米諸国と同じように個人が自身を管理し、守る時代になっていくと考えられます。
厚生労働省では介護保険施行と同じ時期に「生活支援・介護予防事業(現在:生活支え合い・介護予防事業)」を施行しており、加齢による身体機能の低下を地域で予防するように呼びかけておりますが、どうしても医療・介護依存型の日本ではまだまだこの「予防」という観念が浸透していないのが現実です。

そのため、やはり自分の身体は自分自身で守るという事を意識する必要があります。私達の身体は、産まれてからどんどん機能が向上していきます。それは成長期を過ぎても続いていきますが、おおよそ29歳でピークを迎えると言われております。つまり、それ以降は私達の体の様々な機能は低下がはじまることになります。

では、どのようにして、自身を守ればよいのでしょうか?
これから私たちが出来ること。「予防」はその一つの大変有効な方法です。

例えば…
・ 今できていることよりも将来への負担軽減を常に考える
・ 日常生活におけるあらゆる動作負担を軽減する
・ 同じ動作を繰り返しつづける場合は要注意
・ 無理な姿勢での動作は避ける
・ 小さな事でも無理をしない
・ 身体に及ぼすストレスを軽減する
・ 骨・関節・筋肉等々に無理をかけずに大切に使う
・ 日常良く使う動作をできる限り無理のないようにする
・ 道具を上手く活用して負担軽減を図る
・ 手足の骨や関節の変形を作らない、進行させない
・ 自身の身体状況に適合した道具を使う
・ 日常生活をより快適で安楽なものにするよう心がける

以上のことに気をつけることが、自己を守る上で重要な予防策だと考えます。







これらの予防のために、道具というものを上手く活用する事によって、私たちは快適な日常生活を過ごす事ができ、又、予防が可能となります。
たとえば、高齢者や障害者のために作られた道具(福祉用具)は身体に優しく作られています。その中には私たちが使ったときに「予防」になるものも多くあります。
又、一般に販売されているものの中にも同様に「予防」になるものを見つけることが出来ます。

そんな視点で私たちがたくさんの商品の中から厳選した商品を揃えました。
ページトップに戻る
Copyright(c) 2003 Aid CenterOsaka. All rights.
トップに戻る