2017年09月28日16:53
靴に関して知っておいて欲しいこと

こんにちは、 エイドセンター大阪コンフォートシューズセンターです。

 

お客様より、修理依頼の靴が届きました。

 

加水分解.jpg

 

かかと部分が完全にぼろぼろと崩れてしまっています。

この状態を 加水分解 といいます。

読んで字のごとく、ですね!

この状態になるのには決まって

「ほとんど履いていない」

場合に起こります。

お客様に尋ねましたら、やはりほとんど履いておらず

ずーっと靴箱の中にしまってあり

使用した瞬間にこうなった、とおっしゃっていました。

 

皆さん、よそ行き用や箱に入れっぱなしの靴ありませんか?

大切なときに履くため

廃盤になり買い溜め

安かったためいつか履くとき用に、、

 

などなど。

 

加水分解は履かないために起こります。

最近の靴の底は丈夫で軽いウレタンで作られていることが多いです。

この素材、履き続けるとすごく強いんですが

ずーーーーっと靴箱の中に入れられたままですと

雨や夏などに湿気が…sweat02

乾燥の時期にはその湿気が乾き縮み

また湿気が、そして乾燥…

を繰り返すうちに底が劣化し、写真のように崩れたり、パキンと割れたりいきなり起こりますwobbly

 

…なんでも使わないと劣化しますよね。。。

 

こうならないための対策はただ1つ

使用すること

以上。

もし割れたら余計な修理費がかかってしまいますcrying

もしくは修理不可のケースも少なくありませんcrying

 

もしも自宅にずーっと履いていない靴があれば

箱から出して是非チェックして欲しいです!

 ちょっと履いてあげるだけで劣化予防になりますよdiamond

 

 

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
http://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/55013
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら
心と体に優しいお店 暮らしいきいき本舗