ホーム>>よくあるご質問

よくあるご質問

購入をご検討されているお客さま

補聴器はいつ頃から使用した方がいいですか?

日常生活の聞こえに不自由を感じられたら、なるべく早く耳鼻科を受信いただきご相談ください。 早く装用されるほど、脳や耳が補聴器の音に順応しやすくなりますし、操作などの習得も早くなります。

補聴器の操作や聞こえの効果に不安があります。体験をしたいのですが可能ですか?

可能です。各店で無料試聴制度を実施しておりますので、お気軽にお試し下さい。実際の生活で効果があるか、取り扱えるか等をじっくりご検討の上、ご購入頂いております。

補聴器を使うことによって耳が悪くなることはありませんか?

日常生活の聞こえに不自由を感じられたら、なるべく聴力にあわせた補聴器を正しく使用されていれば悪くなる心配はありません。必要以上に大きな音量で使用されたり、勝手に調整を変更したりすると聞こえを悪くする危険がありますのでご注意ください。

補聴器を使用したら健康な時の聴こえにもどりますか?

健康な時の聞こえに戻るわけではありませんが、今現在の聴力を最大限生かせるように補聴器を使って会話の聞きとりを補う機器とお考えください。

補聴器にはどんな種類がありますか?

代表的なもので、耳あな型、耳かけ型、ポケット型があります。特殊なものとして骨伝導を利用したメガネ型などもあります。お客さまに合わせた様々なタイプがございます。
詳しくは「取扱い補聴器のページ」をご覧ください。

補聴器の価格はいくらですか?

各タイプによって価格は違いますが、ポケット型で4万円代から、耳かけ型で5~6万円から、耳あな型で10万円前後からご準備がございます。雑音を制御したり、より細かい調整が可能な高性能機種ほど高額なものになります。

補聴器と通信販売の集音器とはどう違うの?

補聴器は薬事法の基準をクリアし、管理医療機器に分類されています。お客さまの様々な聴力や環境に合わせた調整により、効果的な聞こえになります。集音器は一人ひとりの聴力に合わせるわけではないため、効果が無かったり、聴力によっては耳に悪影響を及ぼす場合があります。
【参考】国民生活センター情報:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20070906_1.html

補聴器の対応年数はどのぐらいですか?

一般的に5年程度と言われています。人間の肌に密着することで汗や皮脂が付着し汚れます。過酷な状況下で使用する精密機械となりますので、定期的な点検やお手入れが非常に重要です。

補聴器は両耳に使用してほうが良いのでしょうか?

音の方向感や雑音の中での聴き取りがしやすくなるなど、両耳装用には大きなメリットがあります。ちなみにアメリカでは約7割以上の方々が両耳へ補聴器を使用されています。

▲ページトップ

現在補聴器を使用されているお客さまへ

他のお店で購入した補聴器が調子が悪い・・・。そちらで点検してもらえますか?

 点検させて頂きます。ただし、メーカー・器種によっては調整出来ない事もございますのでご了承願います。

補聴器に慣れるにはどうすれば良いですか?

騒がしい場所はさけて、なるべく静かな環境からゆっくり時間をかけて使用してください。少ない時間でも毎日使用することが大切です。
→「聞こえのプチ情報」もご覧ください。

「ピーピー」と雑音がするのは何故ですか?

ハウリングと呼ばれる現象で補聴器が故障している訳ではありません。耳と補聴器との間の隙間から出る音漏れが原因で、ボリュームが大きすぎたり補聴器をしっかりと装着されていいない場合に起こりやすい現象です。ボリューム調整やしっかりと補聴器を装着しても改善されない場合は一度販売店にご相談ください。

▲ページトップ

その他

認定補聴器専門店とは何ですか?

認定補聴器専門店とは、補聴器の適合に必要な定められた施設基準を満たし、5年以上の経験と指定の試験に合格した認定補聴器技能者が常駐しているお店です。財団法人テクノエイド協会が認可しています。

▲ページトップ