2013年02月22日13:09
KAWAMURAのおしごと(2)ショールーム・コールセンター

KAWAMURAのおしごと(2)

ショールーム・コールセンター担当 入社10年目 主任の一日

 

本社ショールームは、元日を除く364日9時から17時30分まで毎日オープンしています。

昨年からは、営業部の代表電話072-875-8020の電話を受けていたコールセンターと合体しました。

人数も業務も増えて、よりパワーアップした部署です。

シフト制でショールームを担当したり、コールセンターを担当したり、休みを取ったり、9名のスタッフがチームワークで動いています。

それぞれに得意分野があり、尊敬しあい、協力しあうとても良いチームです。

 

主任のMさんは、営業マンとして2年間活躍したあと、ショールームの担当になりました。

「お客さまとお話するのが大好きなんです!」と笑顔で語ってくれる弊社の「顔」です。

営業経験を活かして、月に1~2度ですが、お客さまのご自宅まで配達をすることもあります。

ショールーム担当としては他のスタッフを指導しつつ、電話応対ではスキルアップを続ける頑張り屋さんです。

 

そんな彼女のある一日をご紹介します。

 

コールセンター担当日

850 朝礼 行動指針の読み合わせ

900 留守電解除。電話が鳴り始めます。

    30分間で外線17件、内線3件

    M主任は 4件受電、2件発信

930 30分間で外線19件、内線 3件

    M主任は 3件受電、4件発信

1000 30分間で外線 12件、内線 2件

    M主任は 1件受電、2件発信

1030 外線 3件、内線1件

    M主任は 1件受電、2件発信

    少し電話が落ち着いてきたかな・・?

1100 ショールーム担当者と打ち合わせ

    午後に訪問するお客さまの確認

1115 先週接客したお客さまの車椅子が入荷

    製造マンとベルトの件で打ち合わせ

1130 車椅子のお客さまに完成の電話連絡

    来社日時を確認して当日の担当者に連絡

1200 電話対応3件、書類作成

1230 昼食(電話が入るので昼食は前後交代制)

1330 午後も引き続き電話対応。

    外線9件、内線2件

    M主任は 4件受電、2件発信

1440 お客さまのご自宅へ出発

1515 お客さまのお宅に到着

    スロープの見本品で現場確認。商談。

    電動車椅子も同時に納品。

1620 お客さまのお宅を出発

1700 本社着

1710 各部署の担当者に報告

1720 電話応対 受電1、発信1

    メール処理、事務処理

    遅番担当へ引継ぎ

1900 終了

 

DSC01453.JPGDSC01452.JPGDSC01458.JPG

ショールームにしても、コールセンターにしても、まず最初にお客さまのお話をお聴きする部署です。

スタッフみんな、その仕事を「楽しい♪」と笑顔で語ります。

 

ショールームは事前のご予約は不要です。

ぜひ、いつでもお気軽に遊びにいらしてください。お待ちしております。

ショールームご紹介ページ(アクセス方法、展示案内、ブログへのリンク等)はコチラです。

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
http://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/31889
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら
心と体に優しいお店 暮らしいきいき本舗