2018年01月22日11:12その他の出来事
大寒のこの時期

今年の大寒は1月20日(土)だそうです。

一年でもっとも寒い日を大寒といいます。この時期は字のごとく本当に寒い日が続きます。

本日、関東の東京では雪予報もでていますね。みなさま、体調管理には十分お気をつけください。

 

さて、この時期は義足や義手をされている方にとってはものすごく厳しい季節であることを

先日、社内のOスタッフから話を聞き知りました。

そのスタッフは国家資格である義肢装具士の資格を持っており、主に脳卒中の方との関係が深いということでした。

脳卒中の方は、寒暖の差(気温の差)がはげしいと体調の管理が非常に難しいといわれています。

その上、義手や義足であるとそれは、それは装着や着脱に困難を極めるのではと危惧されていました。

義足や義手が冷え、身体も冷えていると動かしにくく装着しにくいとのこと。

また、雨などで湿気が多いと、義肢が滑りやすいこともあるとのことでした。実際に使用されているかたは、

どのようにこの時期を克服されているのか気になりつつ、かゆいところに手が届くような後フォローは

できていないなぁと…0スタッフ。

 

会社見学ツアーでは、実際に装具や義肢を使われている方の話をナマで聞くことはできません。

ですので、このような広報ブログを通して、スタッフが担当するお一人、お一人のお客様の声も

ご紹介できればと思います。また、Oスタッフは川村義肢ならではの「かゆいところに手が届くようなサービス」が

できればいいなと抱負も語ってくれました。

1月もそろそろ終わりに近づいてきました。今年一年の自分の目標に向けて私たちも前進し、

お客様の声に耳を傾けられるよう日々小さなことから大きなことまでアンテナを張り続けたいと思います。

 

今日の一枚は会社見学ツアーでご案内する工場3階にある義足、義手の一部です。

見学に参加されると、義手や義足を手にとってご覧いただくことができます。ぜひご参加くださいね。

3階工場義手.jpg 3階工場義足.jpg 

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
http://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/55439
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら