東京本社チームボイス

川村義肢HOME > 現場の声『ワーク・ボイス』 > 東京本社チームボイス 日々のできごと > 採型練習!

東京本社チームボイス

2018.01.26
採型練習!

こんにちはsun

 

冬なので当たり前なのですが今週は特に寒いですねwobbly

なんと、平成でもっとも寒い週らしいです!

 

そして先日の大雪snow

東京はつくづく雪に弱い土地だなあと実感しました。

(おかげで帰宅困難者となりタクシーを8時間も待ちました。。。)

 

 

 

さて。

 

今のような1月~4月の時期は比較的、自分の業務が落ち着いているのですが、

今年も5月から順次、臨床実習生がやってきます!

 

2017年度の受け入れは昨年末に終了し、トータルで7名来られましたhappy01

 

基本的に弊社の場合、学生に「あれやって」「これやって」と指示することはなく、

『学生本人がどんなことを臨床実習で学びたいのか』という自主性にできる限り応えるスタンスですflair

 

その一例として最後に受け入れた学生さんは、体幹装具を最初から最後まで作ってみたいと希望があり、

こんな感じで練習していましたよshine

 

 

まずは触診し、装具製作に必要な情報のマーキング。

 

taikan.jpg

 

taikan2.jpg

 

taikan3.jpg

 

主に骨突起部にマークしますpencil

 

学校にもよるのですが採型練習の恰好もいろいろあり、

こちらの学生さんの学校ではなんと男女とも水着で行うそうですeyeimpact

(ちなみに私のいた学校ではTシャツ短パンでした。水着じゃなくて心底よかった。。。笑)

 

服の上からマークしているため、シワが寄ってしまうとマークした位置がずれると悪戦苦闘。

 

 

taikan4.jpg

 

taikan5.jpg

 

なんとか採型までできましたが、油性ペンでマークしたため転写されておらず

また、石膏包帯を巻く層が薄かったためこの後の作業工程も大変だったみたいですcoldsweats01

 

 

が、営業同行や別の製作作業スケジュールの合間を縫って完成!

 

taikan6.jpg

 

何度か修正も行っていましたが、無事に納品するまでの工程を終えることができ、本人も一安心してました。笑

 

 

 

こんな感じで一つの装具を実際に全行程行うことも可能ですscissors

(この場合、お客様ではなく弊社社員を対象にし評価まで行います!)

 

 

学生は失敗できる機会がたくさんありますので、ぜひ学生さんには臨床実習で失敗を恐れず挑戦してもらい、

安心して失敗を重ねた上でベストなものづくりを学んでもらいたいと思います。

 

もちろん、安全第一をお忘れなく!!!

 

 

 

2018年度はどんな学生さんたちが来るのかドキドキ楽しみですhappy01

 

 

 

 

 

houseうちやまhouse


COPYRIGHTING © KAWAMURA GISHI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.