認定補聴器専門店

        

CLOSE

スタッフブログ

聞こえにくくなってきたかな・・・?

聞こえにくい…とは?

【〇〇さん、最近、聞こえにくくなったのかしら?】
ご家族やご友人との会話などで、こんな事を感じることはありませんか?

〇呼びかけにも反応が薄い
〇何度呼んでも返事がない
〇テレビの音が大きい
〇電話やチャイムの呼び出し音に気が付かない
〇会話の受け答えが噛み合わない

しかし、ご本人にいざ聴こえ難さを指摘すると、、、、、、
「私は聴こえてる!」「まだ聴こえてる!」「あなたの声が小さいから・・・」
という返事をされることもよくございます。

聞こえにくさを自覚できない原因は?

お年と共に低下する聴力低下の多くは、無自覚な場合が多いです。
どうして気付き難いのかというと、「じわじわと、何年もかけて低下するから」です
ある日突然、健康な聴力から難聴と言われるまで低下したら分かりやすいですし、大騒ぎになるハズです。
昨日の自分の聞こえ方を覚えている方は居ないでしょう、、、
5年前、10年前、、、数十年前はもちろん記憶に無いはずです
そんなスピードで「ゆっくりと聞こえる音が減っている」から、減った事に気付かないのです。
実は周りの人には聞こえている音も、自分に聞こえていない時点で「そんな音は存在していない」となるのです。

例えば、お名前を呼びかけた際もそうです。
1回目 普通の声で呼びかけても「返事がない」
2回目 少し大きめの声で呼んでも「返事がない」
3回目 かなり大きめの声で呼びかけると「なに?」と返事を頂けた。
⇒聞こえにくい方にとっては、これが【1回目の呼びかけ】になっている

呼びかけた側は「何回も呼び掛けているのに聞こえてない!!」と言い現わしても、、、。
ご本人は「呼ばれたから1回目でちゃんと返事してる!」と返される。
呼びかけた側は「違う!何回呼んでも聞こえないから、大きな声で呼んでるの!」
ご本人は「私が聞こえないのではなく、あなたの呼び声が小さいだけ!最初からしっかりと呼びなさい!」   ケンカになってしまいます・・・。

難聴によってコミュニケーションの行き違いも起こっているんだと、心の片隅に留めて置いていただき、早めに改善する事もとても大切です。
〇〇さんは難聴かも??と思われた際には客観的にご自身を知って頂くためにも耳鼻咽喉科への受診をお勧めいたします。


病院へ行くハードルが高いと感じる場合は、当店へお気軽にご相談ください。
現在の聞こえの状況をしっかりとご説明させていただきます。
ご本人や周りの方がどのようにすれば、コミュニケーションを取りやすくなるかのご提案などもさせていただきます。

なお、じっくりしっかりとご案内させて頂くため「全店完全予約制」とさせていただいております。下記のお問合せフォームからお申込みいただくか、最寄りの店舗へお電話にてご予約頂けますようよろしくお願い申し上げます。

お問合せはこちらをクリック

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
お役立ちコンテンツ