2013年01月31日14:58見学
【レア】製造体験つきの工場見学

先日、とある医科大学の学生さんを対象に、

装具製作体験を盛り込んだ見学を行いました。

 

足底板やダーメンコルセットの型どりをして、見学中に工場ラインで製作したことはありますが、

実際に見学される方が手を動かして、製造してみるというのは珍しいのです。

 

工場の案内を製造部担当者にバトンタッチ。

大きな作業音がする中なので、マイクをつけてご説明します。

 

20130125_2.jpg

☆体験その1☆

石膏でできた下肢装具の陽性モデルにぴったり合うよう、

オーブンで熱してぐにゃぐにゃになったプラスチック樹脂を成形しています。

いつも簡単そうにやってのける社員がサポートします。

手早くかつ丁寧に!

 

20131025_1.jpg

☆体験その2☆

続いてお子さまサイズのプラスチック下肢装具の

上のふちの部分が丸くなるようフレア加工。

バーナーの火であぶってやわらかくした装具の上端部分を

専用治具の歯車部分がかみ合う部分に入り込むように沿わせて

グルグルーとハンドルを回すことを何度か繰り返すと、軽い力でフレア加工が。

昔はハンマーのようなものでたたいて丸く加工していたそうです。カイゼンされてます!

 

見学のお二人も楽しそうに体験してくださってよかったです。

 

せっかくのモノづくり企業ですので、

お客さまに製作体験いただける見学コースが充実できるよう

考えてみたいと思いますsun

 

【蛇足】

工場にやたら壁掛けカレンダーが多いなあと気になって数えたら、

3階フロアだけで27個ありました。もっと棚に隠れてとかありそうです。

短納期への鋭意努力の表れでしょうか?

 

うち工場の時計はデジタルでなくアナログなのは、

パッと見て感覚的に「あと〇〇分で、ここまで作業するぞ!」というのが、

把握しやすいから、とトリビアで聞いたことがありますが。

 

そして広報スタッフのいる部屋の時計は10分くらい進んでいます。(多分わざと)

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
https://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/31727
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら
心と体に優しいお店 暮らしいきいき本舗