2013年12月10日11:10学会、イベントのお知らせ
多くのご来場ありがとうございました☆介助犬のひろばin大東

2013年12月7日(土)大東市サーティーホールにて「介助犬のひろばin大東」が開催されました。

当社、日本介助犬協会、サーティーホールの共催イベントで、

大東市や大阪府のOT、PT士会、リハビリテーション工学協会からもご後援いただき、

半年ほど関係者が準備を重ねて、開催の日を迎えました。

 

おかげさまで当日はギャラリーと講演会にのべ500名ほどの来場者がございました。

介助犬ってかわいいだけじゃなくてすごい!犬っていいやつ!

60年の歴史を持つ盲導犬に比べて、まだまだ頭数も少なく知られていない介助犬のこと、

少しでも多くの方に知っていただけたかと思います。

 

具体的に導入を検討されている、

介助犬で人生を変えられるかもしれない方にもお越しいただけて本当に良かったです。

IMG_6859.JPG

本番の3日前からギャラリー展示も行っておりました。

IMG_6860.JPG

足跡をたどっていくと、ギャラリーを一通りご覧いただけます。

 

IMG_6861.JPG

支える人のこともお勉強。

介助犬を導入するまで、利用者の動作をみたりするのは理学療法士とリハ医、

介助犬導入後の犬のお世話や暮らしをサポートするのが作業療法士になります。

 

IMG_6864.JPG

会場の真ん中にはツリー

IMG_6865.JPG

たくさんの感想を飾っていただけました。

 

 

IMG_6866.JPG

義足、装具も展示して、体験も行っていただけました。

 

写真にはありませんが、移動機器や補助器具、高機能サポーター、補聴器、人工ボディ、おむつ、地域の情報など

多くのものをいちどに見てもらえる展示でした。

盛りだくさんにも関わらず、会場がひろびろしておりゆっくりご覧いただけたかと思います。

 

バスケ車やハンドサイクル、電動車椅子、防災時の避難に使える車椅子牽引バーJINRIKIなど、

興味深くご覧いただけました。

 

IMG_6862.JPG

お子さま向けクイズラリーも行い、全問回答してくれたお友達には、介助犬博士認定証とおもちゃをプレゼント。

スライムが人気でいち早くなくなりました。

これだけ用意したおもちゃも、イベント終了時にはほとんどなくなっておりましたよ。

 

IMG_6873.JPG

当日は、大東市長も挨拶にお越しになり、大東市報の市民リポーターも駆けつけました。

大東市のゆるキャラ、人気者のダイトンも大活躍でした。

 

まだまだ川村義肢という会社をご存じない大東市民の方がおられます。

地域に貢献できる企業として、誇りに思ってもらえるような企業になれるように、

これからも市民のみなさまにご協力いただきながら活動を続けてまいります。

 

他のイベント当日の写真は、撮影担当者が何百枚も撮ったのを現像してくれいている最中ですので、

改めてベストショットをブログでご紹介したいと思います。

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
https://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/33710
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら