2014年04月03日14:42会社のこと
KAWAMURAグループ2014年4月度全社朝礼

2014年4月度 KAWAMURAグループ全社朝礼を

大東本社ホールで行いました。

 

新入社員28名の自己紹介にはじまり、

取締役から新入社員への訓示があり、

続いて社長講話がありました。

 

社長のお話の様子はこちらからご覧いただけます。

http://p.tl/c41J(外部サイトにとびます)

冒頭30秒ほど、画像が再生できず申し訳ありません。

下記、本日の社長講話のテキスト文章をご参照ください。

 

******************************************************

みなさんおはようございます。

 

昨日の傾聴会で、新人研修中でも1人当たり6分250円のお金がかかっているとお話したように、

 

一分一秒を命がけでど真剣に働いて先輩社員が出した利益から、

 

新人研修費が出ていると自覚できていたら、居眠りなんてできないですよね。

 

一分一秒を大切にすることをタイムイズマネー「時は金なり」と言いますが、

 

それはつまりタイムイズライフ「時は人生なり」ということです。

 

 

 

全社員が経営者マインド、当事者意識を持ちましょう

経営者はソウルパートナーと共に働き、共に学ばせていただいている。

 

そういう自覚のある人が、最近の経営者には少ないと思っています。

 

私が勉強させていただいている盛和塾(稲盛和夫さんを塾長とする若手企業家のための経営塾)では、

 

意識が非常に高い方が多いのでそのようなことはありませんが、

 

株の値動きが最大の心配ごとだったり、

 

会社が大変だと繰り返しながらゴルフばかりしている経営者は世の中に少なくありません。

 

社員の命を使わせていただいているという覚悟が全くなく、

 

従業員を雇用してやっているという上から目線の社長さんや中間層、経営層の方と

 

話をしていると不快でなりません。

 

 

 

 

企業は従業員を雇用させていただき、

 

大切な限りある命を一分一秒の労働力という形に変えてくださる対価として、

 

給与を払わせていただいているのです。

 

そう考えていれば、

 

どうすればもっと高い給料を払うことができるんだろうか

 

⇒そのためには利益を上げないといけない

 

⇒売り上げを最大化して経費を最小に抑えよう

 

⇒大きな利益でみんなでハッピーに… 

 

という考えに至るのが当然です。

 

 

 

ところが、社長の考えがなっていないと、

 

節約の観念が欠けたり、波風を立てたくなくて同僚に問題があっても

 

先送りにしてしまう従業員が出てくるでしょう。

 

仲間のために、おかしいことはおかしいとはっきり言って、

 

解決のための知恵を一緒に出し合うような風土の会社にしないと

 

いよいよまずいなと強く思っています。

 

「売上がどうだ」「経常利益が1パーセントしかないからだめだ」

 

という次元の問題ではなくて、ハートの問題ですよね。

 

一丸となって全社員でやっていくんだという気持ちがないと、

 

いつまでたっても会社の風土や文化は変わりません。

 

昔に比べると変わってはきていますが、まだまだです。

 

もっとみなさんは変われるはず、今までと住む世界を変えることができるはずなんです。

 

次号のかわらばんの巻頭言にもこのことは寄稿していますので、ぜひとも読んでみてください。

 

 

 

住む世界を変えて未知へチャレンジする勇気を

我々は利益を出せていません。

 

利益率1パーセントなんて赤字ではないというレベルです。

 

我々が利益の出ている会社と同じような努力をしていてもダメです。

 

当社は黒字の会社ではないと考え、住む世界を変えて、

 

黒字を出している会社の何倍もの努力をするという気概を持ちましょう。

 

皆さんだったら必ずできると確信していますので、自信を持ってやってください。

 

今までの方法や成功体験にこだわらず、どんどんと新しいやり方にチャレンジしていきましょう。

 

世の中はものすごいスピードで変わってきているので、同じやり方を続けていては上昇できません。

 

皆さんとともに、会社を日本を人類全体を良くしていきたいと思っています。

 

がんばってやっていきましょう。

 

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
https://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/34260
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら
心と体に優しいお店 暮らしいきいき本舗