2015年02月17日11:50
(続)ベニイロフラミンゴの下肢装具 VOL.3

 

2015年 2月 12日(木)

 

フラミンゴの身体の色がとっても鮮やかになる季節となりました。

 

大きく成長したフラミンゴのパンチちゃんに、

新しい下肢装具を届けに、神戸市立王子動物園へ向かいましたrvcardash

 

 

年末に会った時は、うっすらピンクになりつつあった身体も、

随分、濃くなってきていたパンチちゃん♪

 

DSCN2953.JPG

なんと!!

 

数週間前に、

右足の第四指を骨折したとのこと。

 

随分、歩けるようになったそうですが、

数日前までは、びっこを引いて

過ごしていたそうです・・・

 

痛かったよね。

 

 

 

しばらくは、骨折を保護するためのスポンジ(カバー)は、

外せないそうですが、今回も

元気な姿を見せてくれました。

 

 

 

早速、新しい下肢装具を装着。

 

DSCN2956.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2957.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうかな?

 

と、皆でみていると・・・

 

 

 

 

 

 

DSCN2960.JPG

 

 

 

 

 

なんと!!

器用なことでしょう。

 

 

 

口ばしで、マジックテープを

 

 

 

びりびりぃ~ っと。 

 

 

 

こんなこともできるようになったのね~heart01

 

と、自然に皆の口元がゆるんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獣医師さんが、マジックテープを口ばしで外せないように、

危険のないように、とテープを貼ってくださいました。

 

DSCN2961.JPG

 

 

しばらく、この新しい下肢装具をつけて

様子をみてもらうこととなりました。

 

 

 

随分、真っ直ぐに脚(踵)も矯正されてきており、

装具なしで過ごせる日が来るんじゃないかと、

獣医師さんや担当者さんより、

嬉しいお話も聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

装具が外せても、すぐに群れの中で過ごすことは難しいようですが、

仲間達と共に生活ができる日もそう遠くはないようです。

 

まずは、右足指の骨折が早く完治するよう、

願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)
トラックバック(0)
トラックバック URL
https://www.kawamura-gishi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/35833
RSS
RSSリーダーで購読する
Kawamura Gishi 川村義肢株式会社
Pacific Supply パシフィックサプライ株式会社
UD雑貨、コンフォートシューズのお店 エイドセンター大阪
より良い聞こえをもっと身近に エイドセンター補聴器
完全オーダーメイド 人工ボディ専門 工房アルテ
心から安心できる住空間づくり 建築工房かわむら
心と体に優しいお店 暮らしいきいき本舗