認定補聴器専門店

        

CLOSE

エイドセンターとは

「川村義肢」が⼿掛ける補聴器専⾨店

エイドセンター

「聴こえる」のその先にある、明るい笑顔に会うために

エイドセンター 補聴器のスタッフは全員、補聴器のプロです。
たとえお客さまが「もう、これでいいかな」と納得されたとしても、決して妥協はいたしません。
もっと⾃然に、もっと快適に、もっとよく聞こえていただくためにできることがあるのでは、と考えてしまうのです。

お客さまの⼼の声まで聴きとって、⼀緒に悩みを解消したい!
本気でそう願うスタッフばかり。
なぜそこまで寄り添うのか。
エイドセンター 補聴器を運営する《川村義肢》という会社に、その答えがあります。

家族写真 家族写真

川村義肢は
何をしている会社なのか

生きるチカラになりたい。

川村義肢は社名の通り、義⼿・義⾜や装具などを製作するメーカー。
義肢・装具の他に、指・顔⾯・乳房などの⼈⼯ボディや⾞いす、そして補聴器などを幅広く提供している会社です。
1946年の創業以来、国内最⼤の義肢・装具メーカーとして多くの⽅に⽀持されてきた私たち。なぜ選ばれるのか。その理由は、技術⼒の⾼さだけではないと思います。

義肢製作をご依頼される⽅のほとんどが、事故や病気などで突然⾝体の⼀部を失くされた⽅です。その絶望感はいかばかりか。本当に⾒るべきは、ご本⼈の「⼼」だということを、私たちは痛いほど感じてきました。
再び⼈⽣に希望を持てるように、⼼から笑顔になれるように、⼼に⼿を添えて、共感しながら⽀えたい。
そう思うのは、私たちにとってごく⾃然なこと。
確かな技術で、お客さまの「⽣きるチカラ」になりたい。その想いが多くの⽅に伝わって、今の川村義肢があるのだと思います。

とことん”完璧”に挑む

義⾜も義⼿も補聴器も、⼿掛けるからには“完璧”を⽬指します。
私たちが提供するのは、単なるモノではなく「⾝体の⼀部」ですから。
たとえば義肢を製作している本社⼯場では、多くの⼯程を緻密な⼿作業で⾏い、究極のフィット感を追究。計測時には⾝体の微妙な向きにまでこだわるほどです。それだけでなく、感覚がモノを⾔うような職⼈技の完全デジタル化にも本気で取り組んでいる当社。
これも、最先端技術に挑むことがさらなる笑顔につながると考えてのことです。

1㎜も妥協したくない。そんな職⼈魂でつくりあげた製品は、「機能」以上のことを⽣み出してくれます。
実際、仕事や趣味やスポーツなど、できないと諦めていたことにトライしているという嬉しい声をたくさん頂いています。
それは補聴器専⾨店であるエイドセンター補聴器も同じ。
スタッフの元に、たくさんの「ありがとう」が寄せられています。

「かわいいひ孫の声が
聞こえる」

〜お客さまからのお⼿紙より〜

そのお客さまは90代の男性でした。
ひ孫さんがよく家に来られるのだけれど、声を聞き取れず寂しい思いをされているとのこと。その想いに応えることが、私たちの目標となりました。
調整して数ヶ月経った頃、ご家族さまから1通のお手紙が。そこには、ご本人さまが亡くなられたというご報告と共に、『補聴器をつけてから家族との会話がスムーズになり、ひ孫とも笑顔で楽しく話すことが出来ました』と、感謝の言葉が綴られていました。
短い期間でしたが、再び“聞こえる喜び”を感じて頂けたことに、スタッフ一同胸が熱くなりました。

いつでも気軽に。いつまでも、そばで。

エイドセンター補聴器は、当然ながら「売って終わり」ということはなく、むしろご購⼊されてからが私たちの腕の⾒せ所。
ほんの少しの違和感も⾒逃さず、何年経っても何度でも調整いたします。
ご希望があればご⾃宅を訪問し、テレビの位置や⽞関チャイムなど⽇常⽣活の場を確認しながら「聞こえ」を調整するという、独⾃のサービスも実施。
もちろん、店舗にも気軽にご来店いただけるよう定期的なご連絡も忘れません。

それもこれも、お客さまの「こうしたい、こうなりたい」という願いに応えたいから。 そのために必要なことを、丁寧にしっかりとやっていく。ただそれだけです。 理想は、お客さまから「補聴器は命の次に⼤事」と⾔っていただくこと。 私たちの想いが、少しずつでもカタチになれば幸せです。

川村義肢 会社概要

社名 川村義肢株式会社
代表者 代表取締役 川村 慶
本社所在地 〒574-0064 大阪府大東市御領 1-12-1
Tel:072-875-8000(代)
Fax:072-875-8005(代)
創業 1946年 12月1日
会社設立 1963年 4月22日
資本金 8350万円
年商 72億円
従業員数 590人

2021年時点

川村義肢のCS活動&表彰実績

【受賞者】故 川村 一郎

受賞年 受賞歴
1996 褒章の記 藍綬褒章
2000 勲五等 雙光旭日章

【受賞企業】川村義肢株式会社

受賞年 受賞歴
2007 元気なモノ作り中小企業300社
2012 第5回経営合理化大賞
2014 文部科学省スポーツ功労賞
2015 ダイバーシティ経営企業100選
2016 ハートフル企業大賞
2017 車いすの交通安全指導表彰優良賞
2018 地域未来牽引企業
2020 第3回学生に教えたい働きがいのある企業大賞 大阪府知事賞
2020 令和2年度障害者雇用優良事業所機構理事長努力賞

もっと知ってほしい。川村義肢

メダリストの
最強パートナー!

パラリンピックメダリストの活躍にも、⼀役かっている川村義肢。選⼿の能⼒を最⼤限に発揮するためには、競技⽤マシンの製作や調整を完璧に成し遂げるプロの技術が不可⽋ですから。
たとえば、⾞いすテニスやチェアスキーのトップアスリートも⽀援している当社。「技術のチカラで夢を応援したい」という想いは、川村義肢の原点。⻑年受け継いできた企業DNAと⾔えるでしょう。

お役立ちコンテンツ